【無料視聴】「コッホ先生と僕らの革命」の動画を見る方法!

無料視聴・Youtubeなどネットで洋画のフル動画を見る方法!

【無料視聴】「コッホ先生と僕らの革命」の動画を見る方法!

 


 


 
 
 

【映画の概要】

 これは2011年に制作・公開されたドイツの映画です。19世紀末、初の英語教師としてドイツの母校に赴任し、後にドイツの"サッカーの父"と呼ばれるようになったコンラート・コッホが、多くの障害に阻まれながらも、サッカーを通じてフェアプレイやチームプレイの大切さを生徒たちに広めていく姿を描いた人間ドラマです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 1874年、イギリスのオックスフォード大学に留学していたコンラート・コッホ(ダニエル・ブリュール)は、ドイツ中部の都市ブラウンシュヴァイクにあるカタリネウム校の校長、メアフェルト・グスタフ(ブルクハルト・クラウスナー)に招かれて、ドイツで初の英語教師となる。
 
 しかし、当時、帝国主義を敷いていたドイツは、イギリスと強く対立し、ドイツ国内では反イギリス感情が高く、カタリネウム校でもイギリスに対する強い偏見がはびこっていた。
 
 コンラートが初めての授業を始めようと教室の中に入ったその時、彼は、教室内でクラスの中でただひとり労働者階級の家庭から通っていた生徒のヨスト・ボーンシュテッド(アドリアン・ムーア)がいじめられている姿を目の当たりにする。
 
 その夜、先頭に立っていじめていた学級委員のフェリックス・ハートゥング(テオ・トレブス)の父親(ユストゥス・フォン・ドーナニー)と会って話をしたコンラートは、当時のドイツの教育が秩序と規律、そして服従を旨とした、時代遅れの教育方針を取り入れていることを目の当たりにし、衝撃を受ける。
 
 自らもイギリスでの教育を受け、個性と自立を促す進歩的な教育を目指す彼は、英語を学ぶ意欲がまったく見られなかった生徒たちを前に、ひとつの計画を考える。
 
 それは、彼らにサッカーという新しいスポーツを教えることであった。
 
 当時、ドイツの学校で教育の授業で行われるのは体操だけであったが、体育の授業の時間、コンラートは愛用していた革製のボールを取り出すと生徒たちに蹴らせてみる。
 
 サッカーというスポーツの楽しさを覚えた生徒たちは、またたく間にこのスポーツにのめり込んでいった。
 
 やがて、彼らは、サッカー用語を通じ、熱心に英語を勉強するようになり、同時にフェアプレイの精神や自由と平等というものを学んでいった。
 
 ところが、そんなある日、コンラートと生徒たちが体育館の中でサッカーの試合をしていると、校長らが牧師たちとともに授業の見学にやって来た。
 
 そして、運が悪いことに、このときヨストが蹴ったボールが、校長に同行していた牧師の股間を直撃することになる。
 
 これに激怒した牧師たちは、サッカーの禁止とコッホの解雇を校長に強く迫ることになる…。
 
 
 


 
 

【監督】

 セバスチャン・グロブラー
 

【出演俳優】

 ダニエル・ブリュール
 ブルクハルト・クラウスナー
 ユストゥス・フォン・ドーナニー
 カトリン・フォン・シュタインブルク
 ユストゥス・フォン・ドーナニー
 
 
 
★コッホ先生と僕らの革命★【vimeo】
 
【字幕①】【字幕②】【字幕③】【字幕④】
【字幕⑤】【字幕⑥】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 字幕動画を閲覧するにはニコニコ動画への登録が必要になります。ニコニコ動画への登録は無料です。
 
 
 

『ルーム』U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2016年10月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

 

タグ :    

か行    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: