【無料視聴】「サウルの息子」の動画を見る方法!

無料視聴・Youtubeなどネットで洋画のフル動画を見る方法!

【無料視聴】「サウルの息子」の動画を見る方法!

 


 


 
 
 

【映画の概要】

 これは2015年に制作・公開されたハンガリーの映画です。第二次世界大戦中、仲間たちの亡骸の処理をするユダヤ人男性が、息子と思われる少年の亡骸を見つけ、ユダヤ人として葬るために収容所内を奔走する姿を描いた人間ドラマです。

 
 
 

ポスター/スチール写真 A4 パターンC サウルの息子 光沢プリント

 
 
 

【映画のあらすじ】

 1944年10月、ドイツ占領下にあったポーランドのアウシュビッツ=ビルケナウ収容所。
 
 旧ドイツ軍は、自らの手を汚すのを避けるため、ユダヤ人の中か同じユダヤ人に対するホロコースト(民族抹殺)を行うメンバーを選抜し、彼らにホロコーストの実行を担わせていた。
 
 ハンガリー系ユダヤ人のサウル(ルーリグ・ゲーザ)は、旧ドイツ軍に選抜され、ユダヤ人をガス室に送り、その後、ユダヤ人の亡骸を処理する特殊部隊(ゾンダーコマンド)として働いていた。
 
 サウルは、自らの生命を人質にゾンダーコマンドとして働くことを強いられ、屠殺場以上の過酷な環境の中で、人としての感情を押し殺し、来る日も来る日も、同胞たちの亡骸を処理する日々を送ることになる。
 
 そんなある日、サウルは、ガス室の中で生き残っていた息子と酷似した少年を発見する。
 
 少年はすぐに旧ドイツ軍の兵士によってとどめを刺されてしまう。そんな彼の行く末は、放っておくとドイツ軍によって骨のかけらも残らないほどに完全に焼却される運命にあった。
 
 ユダヤ教では、死者が火葬されると永遠に復活できないと考えられていたことから、サウルはこの息子かもしれない少年をユダヤ人として葬儀を行い、埋葬しようと考えるようになる。
 
 収容所内を奔走し、何とかユダヤ教の聖職者であるラビを何とか探し出したサウルであったが、そんな収容所内ではゾンダーコマンドーたちによる収容所脱出計画が秘密裏に進行しており、サウルも意図しないままに、この大きな荒波にのみ込まれていくことになる…。
 
 
 


 
 

【監督】

 ネメシュ・ラースロー
 

【出演俳優】

 ルーリグ・ゲーザ
 モルナール・レヴェンテ
 ユルス・レチン
 
 
 
★サウルの息子★【fmovies】
★サウルの息子★【iwanna】
 
【字幕・streamin】
【字幕・streamin】
【字幕・streamin】
【字幕・greevid】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 【streamin】動画を見るには、画面内右上の青い「×」をクリックして広告などを消した後、画面中央のマークをクリックしてね!
 
 
 

『ルーム』U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2016年10月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

 

タグ :    

さ行    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: