【無料視聴】「LUCY ルーシー」の動画を見る方法!

無料視聴・Youtubeなどネットで洋画のフル動画を見る方法!

【無料視聴】「LUCY ルーシー」の動画を見る方法!

 


 


 
 
 

【映画の概要】

 これは2014年に制作・公開されたフランスの映画です。チャイニーズ・マフィアによって特殊な薬を体内に入れられたある女性が、アクシデントによってこの薬が体内で漏れ出したことで脳が驚異的なスピードで前人未到の域まで覚醒し、超人的な能力を発揮するとともに、しだいに彼女自身がコントロール不能に陥っていく様子を描いたサスペンス・アクションです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 台湾に留学していた25歳になるルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、ある日、交際していたリチャード(ピルー・アスベック)にあるホテルの一室に一つのカバンを届けて欲しいと依頼される。
 
 これを断ったルーシーであったが、リチャードは、このカバンと彼女の腕を手錠でつなぎ、強引に彼女に依頼するのであった。
 
 仕方なく、リチャードのいうままにホテルに向かい、受付である男性との面会を申し出たルーシーであったが、その後、彼女はその場に現れた屈強な中国人男性たちに囲まれることになる。
 
 そして、強引に部屋に連れて行かれる彼女は、部屋に向かう途中、リチャードが射殺されるのを目の当たりにすることになる。
 
 その後、引きずられるように部屋に連れて行かれた彼女が目にしたものは、返り血で顔を濡らしたボスのMr. チャン(チェ・ミンシク)の姿であった。
 
 こうして、ルーシーは、まったく意図しないままにマフィアの闇取引に巻き込まれていくことになる。
 
 このカバンの中に入っていたものがCPH4という名の新種の合成薬品であることを知ったMr. チャンは、彼女にこの薬品の運搬を依頼する。
 
 これを断った彼女は男に殴られて意識を失い、次に彼女が目覚めた時には、この合成薬品1キログラムが彼女の下腹部に埋め込まれていた。
 
 その後、彼女と同じように体内にCPH4が埋め込まれた男女4人が集められ、彼らは、それぞれパスポートを渡されると薬品を体内に入れたまま母国に帰国するように指示される。
 
 そして、警察に通報・出頭すると家族の命がないと脅されたのち、彼らは解放されることになる。
 
 ところが、ルーシーは、帰国の途中でMr. チャンの敵対組織のメンバーに捕えられてしまう。
 
 そして、敵対組織の男たちに殴る蹴るの暴行を受けた彼女は、下腹部に埋め込まれたCPH4が体内に流れ出し、突如として脳が凄まじい勢いで覚醒を始めることになる。
 
 わずか数時間の間に、通常の人間はわずか10%しか利用できていない脳の機能を、彼女はこの覚醒によって、これまで人類の誰も到達したことのない領域まで利用できるようになっていった。
 
 そして、この覚醒によって、超人的な能力を得たルーシーは、またたく間に敵対組織の男たちをすべて倒し、組織のアジトから逃げ出すことに成功する。
 
 その後の彼女は、視力や聴力が以前とは比較にならないほど発達し、わずか数分で台湾語を習得するなど、スポンジが水を吸うような勢いであらゆる知識を吸収していった。
  
 そして、ネットで検索をしていた彼女は、脳科学を研究するノーマン博士(モーガン・フリーマン)の論文に到達することになる。
 
 6700ページを超える博士のすべての論文をわずか数分で読破し、その知識をすべて吸収した彼女は、彼に電話をし、会いに行くことを決める。
 
 時間を経るにつれて彼女が利用できる脳の領域はどんどんと広がっていき、脳の覚醒が進むにつれ、彼女は自分のみならず、他人や物までをもコントロールできるようになる。
 
 そして、やがて自らの命が残りわずかであると悟った彼女は、自らの存在意義を見出すために、ひとつの決断をする…。
 
 
 


 
 

【監督】

 リュック・ベッソン
 

【出演俳優】

 スカーレット・ヨハンソン
 モーガン・フリーマン
 アナリー・ティプトン
 チェ・ミンシク
 アムール・ワケド
 ピルー・アスベック
 
 
 
★LUCY ルーシー★【fmovies】
★LUCY ルーシー★【megashare】
 
【吹替・streamin】
【吹替・FC2】
【吹替・acfun】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 【streamin】の動画を見るには、画面内右上の青い「×」をクリックして広告などを消した後、画面中央のマークをクリックして下さい。
 
 
 

『コレクター』U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2016年10月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

 

タグ :    

英語・数字    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: