【無料視聴】「スターリンの葬送狂騒曲」の動画を見る方法!

無料視聴・Youtubeなどネットで洋画のフル動画を見る方法!

【無料視聴】「スターリンの葬送狂騒曲」の動画を見る方法!

 


 


 
 
 

【映画の概要】

 『スターリンの葬送狂騒曲』は、2017年に公開されたイギリス、カナダ、フランス、ベルギーの合作映画です。誰もが恐れていたロシアの独裁者スターリンの突然の死。彼の死を受け、側近たちが権力の座を握ろうとハチャメチャな行動に出る様子を描いたブラック・コメディです。

 
 
 

Youtube,動画,洋画,無料

 
 
 

【映画のあらすじ】

 1953年、ロシア人ピアニストのマリア・ユーディナ(オルガ・キュリレンコ)は、大量虐殺を続けていたソ連(現:ロシア連邦)の独裁者スターリン(エイドリアン・マクラフリン)のために手がけていた音楽の録音作業中、あるメモを隠す。
 
 その夜、寝室でメモを見つけたスターリンが内容を読むや否や、彼は脳溢血をおこし倒れるのだった。
 
 メモには彼が国を滅ぼしたと書かれていた。寝室の外にいた警備係たちは、異変を察知したが、無断に寝室に入ったせいで処刑されては困ると、誰も部屋には入らなかった。
  
 翌日の午後、瀕死に陥っているスターリンが発見され、中央委員ではこの緊急事態に、幹部たちが招集された。
 
 はじめにやってきたのはNKVD(内務人民委員部)長官のラヴレンチー・ベリヤ(サイモン・ラッセル・ビール)と副首相のゲオルギー・マレンコフ(ジェフリー・タンバー)だった。
 
 マレンコフがパニックなっているのをいいことに、ベリヤは彼を祭り上げ実権を握ろうとしていた。
 
 その後モスクワ党書記長のニキータ・フルシチョフ(スティーヴ・ブシェミ)や他のメンバーが到着。
 
 しかしスターリンの側近であったはずの外務相のヴャチェスラフ・モロトフ(マイケル・ペイリン)は、スターリンの敵リストに名が載っていたため呼ばれなかった。
 
 会議では、スターリンの政治的復帰が絶望的なことから、今後、中央委員の舵取をどのようにしていくかが話し合われた。
 
 ベリヤは、マレンコフを首相に推薦し、影で彼を操ろうと画策。自分が率いるNKVDが赤軍に変わりモスクワを警備する案を出す。
 
 また、ひそかにスターリンの敵リストを自分のものとすり替えた。そしてどちらのリストにも名のあったモロトフの処刑しようと考えた。
 
 スターリンは、その後、意識不明のまま発症から5日後に亡くなってしまう。そして、いよいよベリヤが画策した陰謀が始動することになるのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 アーマンド・イアヌッチ
 

【出演俳優】

 スティーヴ・ブシェミ
 サイモン・ラッセル・ビール
 パディ・コンシダイン
 ルパート・フレンド
 ジェイソン・アイザックス
 マイケル・ペイリン
 アンドレア・ライズブロー
 オルガ・キュリレンコ
 ジェフリー・タンバー
 
 
 
★スターリンの葬送狂騒曲★【fmovies】
★スターリンの葬送狂騒曲★【sockshare】
 
【字幕・openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

今回は下記リンクのQ2、Q3に該当するものがあります!

↓     ↓     ↓

★動画を見る際の注意点まとめ★

 
 
 
『ワン・デイ 23年のラブストーリー』
U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2018年8月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

 

タグ :

さ行    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. […] 続きを読む 【無料視聴】「スターリンの葬送狂騒曲」の映画を見る方法! ( 無料視聴・Youtubeなどネットで洋画のフル動画を見る方法!) […]