【無料視聴】「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」の動画を見る方法!

無料視聴・Youtubeなどネットで洋画のフル動画を見る方法!

【無料視聴】「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」の動画を見る方法!

 


 


 
 
 

【映画の概要】

 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」は、2015年に制作・公開されたアメリカの映画です。アメリカとのソ連による東西冷戦下で「赤狩り」と呼ばれる共産主義者排除によってハリウッドから追放されながら、偽名で脚本を執筆するなどし、二度もアカデミー賞を受賞したダルトン・トランボの半生を描いた伝記ドラマです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 第二次世界大戦終結後、東欧諸国や中国やアジア諸国の間で共産主義国家が次々と樹立される中、共産主義勢力の拡大を恐れたアメリカ政府は、ソ連(現:ロシア連邦)と激しく対立を始める。
 
 これに伴い、アメリカ国内では、共産主義者を忌み嫌う世論が形成され、ついにアメリカ国内の共産党員やその同調者を公職から追放するという「赤狩り」政策を導入することになる。
 
 一方、ダルトン・トランボ(ブライアン・クランストン)は、1936年に彼の書いた脚本が映画デビューを果たして以来、アカデミー賞の脚色賞にノミネートされた「恋愛手帖」や、「東京上空三十秒」などを執筆し、売れっ子脚本家としての道を歩むことになる。
 
 ところが、彼は、1943年からアメリカ共産党の党員であったことから、1948年頃から始まったアメリカ政府の「赤狩り」と呼ばれる共産主義者排除政策の標的となる。
 
 1947年10月、彼はアメリカの下院議会に反共産主義キャンペーン委員会による聴聞に招集され、共産主義者であるか否かの証言を迫られる。
 
 そして、合衆国憲法の規定を理由に証言を拒んだダルトンを含んだ10人の映画界の著名人は、その後、議会侮辱罪で禁固刑を言い渡され、刑務所へと収監されてしまう。
 
 10か月の刑務所生活を終え、家族の下に戻ったダルトンであったが、共産主義者排除運動が活発であったハリウッドには、もはや彼のいる場所はなく、彼の下にやってくる仕事の依頼は皆無であった。
 
 けれども、ダルトンは友人に頼み込み、複数の偽名を用いて脚本家としての仕事を続けていた。
 
 B級映画の脚本やリライトの仕事を多数こなした彼は、映画の制作会社のプロデューサーからも高い評価を得ていくことになる。
 
 その後、ダルトンは、ヨーロッパのとある国の王女が訪問先であるローマでアメリカ人の新聞記者と出会い、恋に落ちるという物語を書き上げ、この脚本を友人に託した。
 
 この脚本をもとにして1953年に公開された「ローマの休日」は、新進気鋭の女優オードリー・ヘプバーンの起用もあって大ヒットし、ダルトンに名義を貸したイアン・マクレラン・ハンター(アラン・テュディック)は、アカデミー原案賞を受賞することになる…。
 
 
 


 
 

【監督】

 ジェイ・ローチ
 

【出演俳優】

 ブライアン・クランストン
 ダイアン・レイン
 エル・ファニング
 ヘレン・ミレン
 ルイス C.K.
 デヴィッド・ジェームズ・エリオット
 ジョン・グッドマン
 マイケル・スタールバーグ
 アラン・テュディック
 
 
 
★トランボ ハリウッドに最も嫌われた男★【fmovies】
 
【字幕・nico】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

今回は下記リンクのQ9に該当するものがあります!

↓     ↓     ↓

★動画を見る際の注意点まとめ★

 
 
 
『バイバイマン』
U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2020年6月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

 

タグ :    

た行    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed