【無料視聴】「パトリオット・デイ」の動画を見る方法!

無料視聴・Youtubeなどネットで洋画のフル動画を見る方法!

【無料視聴】「パトリオット・デイ」の動画を見る方法!

 


 


 
 
 

【パトリオット・デイの概要】

 『パトリオット・デイ』は、2016年に公開されたアメリカの映画です。2013年にアメリカで行われたボストンマラソンの開催中に起こったテロ事件をもとにした作品で、ボストン警察とFBIが、事件発生から犯人を割り出し、逮捕するまでの様子を描いた社会派ドラマです。

 
 
 


 
 
 

【パトリオット・デイのあらすじ】

 2013年4月15日、アメリカ北東部大西洋に面するマサチューセッツ州では、この日、愛国者の休日(パトリオット・デイ)と呼ばれる祝日を迎え、州都ボストンでは第117回を迎えたボストンマラソンが行われていた。
 
 国内外から多数が参加したこのレースは、例年と同じ時刻に開始され、トップ集団が2時間を超えたあたりからゴールし始めると、4時間を迎えた頃には最も多くの参加者がゴールを迎え、多くの観客の歓声で、ゴール付近は賑わっていた。
 
 ところが、マラソンの開始から4時間を経過した午後2時45分ごろ、ゴール付近で2度の爆発が起こり、現場は選手と観客の悲鳴に包まれることになる。このマラソンの警備にあたっていたボストン警察の巡査部長トミー・サンダース(マーク・ウォールバーグ)は、同僚と共に負傷者の救援活動に当たった。救急隊が到着し、迅速な応急措置と、救急搬送が行われたが、3名の死者と280名以上の負傷者が出ることとなった。
 
 そして、負傷者の救援活動が落ち着いたころ、FBIが現場に到着し、ゴール付近を封鎖すると彼らの捜査が始められることになる。その後、FBI特別捜査官のリック(ケヴィン・ベーコン)は、現場付近に散乱している金属片を発見し、この事件がテロであると断定し、この事件の管轄は、地元警察からFBIへと移ることになった。
 
 トミーは、自分の愛するボストンの町でテロを引き起こした犯人の逮捕に意欲を燃やしていたが、事件の捜査に加わることができずに落胆しながらも、病院へ搬送された負傷者や家族たちから丁寧に証言を取っていった。
 
 一方、リック率いるFBIの捜査班は、遺留品を回収すると、別の場所で現場の再現を始める。また、現場近くの防犯カメラの映像から、犯人の特定を進めていた。そんな中、トミーは、現場付近で警備をしていたということで、FBIから呼び出され、捜査協力を要請される。
 
 トミーの協力により、防犯カメラに写っていた白いキャップ帽を被った男とその隣にいる黒いキャップ姿の男が容疑者として浮かび上がることになった。
 
 その後、彼らは、写真を公開し、一般市民からの情報提供を試みるが、このニュースが犯人の目に留まり、事件は思わぬ展開を迎えることになる…。
 
 
 


 
 

【監督】

 ピーター・バーグ
 

【出演俳優】

 マーク・ウォールバーグ
 ケヴィン・ベーコン
 ジョン・グッドマン
 J・K・シモンズ
 ミシェル・モナハン
 
 
 
★パトリオット・デイ★【fmovies】
★パトリオット・デイ★【gomovies】
 
【字幕・vidoza】
【字幕・vidoza】
【字幕・vidoza】
【字幕・vidoza】
【字幕・openload】
【字幕・openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 今回は下記リンクのQ2、Q3、Q6に該当するものがあります!
    ↓     ↓     ↓

  ★動画を見る際の注意点まとめ★
 
 
 

『エマ 人工警察官』
U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2019年5月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

 

タグ :    

は行    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed