【無料視聴】「マリー・アントワネットに別れをつげて」の動画を見る方法!

無料視聴・Youtubeなどネットで洋画のフル動画を見る方法!

【無料視聴】「マリー・アントワネットに別れをつげて」の動画を見る方法!

 


 


 
 
 

【マリー・アントワネットに~・概要】

 『マリー・アントワネットに別れをつげて』は、2012年に公開されたスペインとフランスの合作映画です。さまざまな逸話などでフランス国内でも語り継がれてきたマリー・アントワネットに思いを寄せ、彼女の朗読係として仕えていた女性が、フランス革命の動乱に巻き込まれ、運命を翻弄される姿を描いた歴史ドラマです。

 
 
 


 
 
 

【マリー・アントワネットに~・あらすじ】

 1789年7月14日、この日、フランス革命のきっかけとなったバスティーユ監獄襲撃事件が起ころうとしていたが、その一方で、ベルサイユ宮殿ではいつもと変りない一日の始まりに過ぎなかった。
 
 この日、マリー・アントワネット(ダイアン・クルーガー)に朗読係として仕えているシドニー(レア・セドゥ)は、身支度を整え、王妃の下へと急いでいた。
 
 王妃に対し一途な思いを抱いていた彼女にとって、用意していた本を横に置き、流行のファッション雑誌を王妃とともに楽しむのは、シドニーにとって幸せなひと時であった。
 
 この頃のパリでは、市民が飢餓に苦しみ、パンを買う金もないといううわさが宮殿にも届いていたが、王妃マリー・アントワネットの周りは、いつもと変わらぬ優雅できらびやかな日常が続いていた。
 
 宮殿では、楽隊が音楽を奏で、王妃は新しいドレスに付ける刺繍を熱心に選び、シドニーは朗読していた。
 
 ところが、この翌日の7月15日の早朝、静寂を保っていた宮殿が一変することになる。
 
 無理やり起こされたシドニーは、この時、仲間の給仕から、バスティーユで起こった事件を知らされることになる。
 
 この日、彼女は、装飾係が急病で倒れたため、代わりに刺繍を行うことになっていたが、急きょ、彼女は図書室へ行き、物知りのモロー(ミシェル・ロバン)にパリの状況を聞く。
 
 すると、どうやらパリでは民衆の蜂起が勃発し、大混乱に陥っているようで、じきに宮殿にも民衆が攻め寄せてくるだろうというモローの言葉を聞き、シドニーは王妃のことを心配していた。
 
 民衆の怒りが爆発し、革命が始まると、王妃は殺害されるのではないかと、いてもたってもいられないシドニーであったが、その後、彼女は王妃に部屋へ来るように呼ばれることになる。
 
 急ぎ、王妃の下に駆け付けた彼女は、そこで王妃から耳を疑うような依頼を受けることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 ブノワ・ジャコー
 

【出演俳優】

 レア・セドゥ
 ダイアン・クルーガー
 ヴィルジニー・ルドワイヤン
 グザヴィエ・ボーヴォワ
 ノエミ・ルボフスキー
 
 
 
★マリー・アントワネットに別れをつげて★【fmovies】
★マリー・アントワネットに別れをつげて★【gomoviess】
 
【字幕・miomio】
【字幕・openload】
【字幕・openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 今回は下記リンクのQ2、Q3、Q8に該当するものがあります!
    ↓     ↓     ↓

  ★動画を見る際の注意点まとめ★
 
 
 

『ワン・デイ 23年のラブストーリー』
U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2018年4月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

 

タグ :    

ま行    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed