【無料視聴】「マージン・コール」の動画を見る方法!

無料視聴・Youtubeなどネットで洋画のフル動画を見る方法!

【無料視聴】「マージン・コール」の動画を見る方法!

 


 


 
 
 

【映画の概要】

 「マージン・コール」は、2011年に制作・公開されたアメリカの映画です。いわゆるリーマンショックと呼ばれる2004年の金融危機下のニューヨークをモチーフにして、ウォール街崩壊の危機を迎えた中、人々が奔走する姿を描いたサスペンス・ミステリーです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 アメリカ・ニューヨーク。ウォール街のとある投資銀行で、ある日、非公表で従業員の大量解雇が行われることになる。
 
 この日、リスク管理部門の責任者であるエリック・デール(スタンリー・トゥッチ)は、解雇と当日の退去を言い渡された。
 
 そんな彼は、”気をつけろ”という含みを持った言葉残して、USBメモリを彼の部下のピーター・サリヴァン(ザカリー・クイント)へと手渡した。
 
 この中に含まれていたデータを分析したピーターは衝撃を受けることになる。それは、会社の総資産を超える損害を発生しかねないほどのサブプライムローン債権、すなわち不良債権を抱えていたのだ。
 
 しかも、このサブプライムローン債権暴落のリスクは、明日にでも現実のものとなる可能性があった。
 
 ピーターは、上司であるウィル・エマーソン(ポール・ベタニー)とサム・ロジャース(ケヴィン・スペイシー)にこれを報告し、この日の深夜、ふたりの提言により、緊急の役員会議が開かれることになる。
 
 しかし、会社存亡の危機にあることを知った役員たちが出した結論は、市場がサブプライムローンの危機を察知する前に、会社が持っている不良債権をすべて売りさばくというものであった。
 
 確かに、この決定に従えば会社の存亡の危機は脱することができるかもしれない。しかし、市場や顧客の信頼は一瞬にして失われることになる。
 
 サムは、会社の決定と自らの信念との間で、大きな葛藤を抱えることになるのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 J・C・チャンダー
 

【出演俳優】

 ケヴィン・スペイシー
 ポール・ベタニー
 ジェレミー・アイアンズ
 ザカリー・クイント
 
 
 
★マージン・コール★【fmovies】
 
【字幕・mixdrop】
【字幕・clipwatch】
 
【吹替・nico】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

今回は下記リンクのQ9、Q16に該当するものがあります!

↓     ↓     ↓

★動画を見る際の注意点まとめ★

 
 
 
『バイバイマン』
U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2020年6月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

 

タグ :    

ま行    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed