【無料視聴】「LION ライオン 25年目のただいま」の動画を見る方法!

無料視聴・Youtubeなどネットで洋画のフル動画を見る方法!

【無料視聴】「LION ライオン 25年目のただいま」の動画を見る方法!

 


 


 
 
 

【LION ライオンの概要】

 『LION ライオン 25年目のただいま』は、2016年に公開されたオーストラリアの映画です。インドの田舎町で迷子になり、オーストラリア人の養子となったある少年が、成人となっておぼろげな記憶とグーグルアースを手掛かりにして、インドにいる家族を探していく様子を描いた実話を基にしたヒューマン・ドラマです。

 
 
 

映画 LION ライオン 25年目のただいま ポスター 42x30cm Lion 2016 デブ パテル ルーニー マーラ ニコール キッドマン [並行輸入品]

 
 
 

【LION ライオンのあらすじ】

 インド西岸にあるカンドラ。この街で、5歳になる男の子であるサルー(デーヴ・パテール)は、兄と共に貨物列車から石炭を盗む日々を送っていた。彼の家は貧しい母子家庭であり、兄とサルーと幼い妹の3人の子供を持つ彼の母親は、一日中石炭採掘場で働いていたものの、満足な収入を得ることはできなかった。
 
 そこで、サルーたちは盗んだ石炭を町の市場で食料品と交換していたが、この日も、彼がおいしそうに眺めているお菓子シャビレを買うことはできなかった。
 
 そんなある日、サルーは、兄と共に母の職場へと列車で向かっていたところ、途中で居眠りをしてしまい兄とはぐれてしまう。不安になったサルーが家に帰るために乗った列車は、カンドアから遠く1600キロ離れたカルカッタへと向かう列車であった。
 
 列車に揺られるまま、見たこともない大都市に来て茫然となるサルーであったが、この街に頼れる親族もいない彼は、ひとりカルカッタの街をさまようことになる。やがて、ホームレスとなった彼は、その後、警察に保護され、孤児院に入ることになった。
 
 ところが、孤児院での人権活動家スード(ディープティ・ナヴァル)との出会いが、その後の彼の人生を大きく変えることになる。
 
 スードは、サルーの家族が見つかる可能性が限りなく小さいことを知り、オーストラリア人のブライアリー夫妻と養子縁組をすることにした。
 
 こうして、里親となったスー(ニコール・キッドマン)とジョン(デビッド・ウェナム)に暖かく迎え入れられたサルーは、その後、夫妻の下で新たな人生を歩むことになる。
 
 その後、彼と同じインドからマントッシュ(ディヴィアン・ラドゥア)が養子縁組によって、サルーの弟として夫妻の下にやって来る。しかし、彼は過去のトラウマで心に深い傷を負っていた。そのため、マントッシュはブライアリー夫婦の手を焼いたが、サルーは彼を可愛がり、やがて2人は実の兄弟のように成長していった。
  
 それから20年が経ち、ホテル経営を学ぶため、オーストラリアのメルボルンで一人暮らしを始めたサルーは、ある日、友達の家で開かれたホームパーティーに招待される。
 
 すると、そこで彼が目にしたものは、幼い頃にずっと食べたいと思いつつ、食べることができなかったお菓子シャビレであった。このお菓子シャビレを見た瞬間、しばらく忘れていた幼いころのカンドラの記憶が彼の脳裏によみがえることになる。
 
 そして、この日から、彼の中に5歳の時に生き別れた母親や兄、そして妹たちと、もう一度会いたいという思いが強く芽生えていくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 ガース・デイビス
 

【出演俳優】

 デーヴ・パテル
 ルーニー・マーラ
 パッラヴィ・ シャルダー
 アルカ・ダス
 デヴィッド・ウェンハム
 ニコール・キッドマン
 ディヴィアン・ラドワ
 サチン・ヨアブ
 サニー・パワール
 アビシェーク・バラト
 ナワーズッディーン・シッディーキー
 ディープティ・ナバル
 プリヤンカ・ボセ
 タニシュタ・チャテルジー
 
 
 
★LION ライオン 25年目のただいま★【fmovies】
★LION ライオン 25年目のただいま★【sockshare】
 
【字幕・openload】
【字幕・openload】
【吹替・clipwatch】
【吹替・streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 今回は下記リンクのQ2、Q3、Q16に該当するものがあります!
    ↓     ↓     ↓

  ★動画を見る際の注意点まとめ★
 
 
 

『プラダを着た悪魔』
U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2019年5月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

 

タグ :    

英語・数字    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed